アコムのおまとめローンの審査の実態は?金利比較サイトなどを参考に選びましょう

おまとめローンは、複数あるローンを一本化できるローンですので、いくつも借金を抱えている方にはありがたいローンだと思います。

おまとめローンを取り扱っているところは、銀行や消費者金融などがあります。

おまとめローンで検索すると、金利の比較サイトなども出てきますので、まずはそこで検討してみると良いかと思います。

金利はやはり消費者金融よりか銀行の方が低く設定されている様ですね。

ただ、おまとめローンでも審査があります。

金利が低い銀行系の審査はなかなか通りずらいと言われています。

ただ、消費者金融の場合、おまとめローンの例外処置といった方法もあるそうです。

詳しくは消費者金融のコールセンターへ問い合わせてみると良いかもしれません。

住宅ローンを組む際にカードローンを利用していると不利になるという話がありますが返済負担率に問題が無いようであれば、不利になるとは限らないという話もあります。

そうはいっても、カードローンで借金している事実は変わりませんから可能な限りカードローンは住宅ローンの審査を受けるまでに解約しておきましょう。

借入先が複数ある多重債務者の場合はおまとめローンを利用し、借入先を1本化することが先です。

又、おまとめローンを利用している金融機関で住宅ローンの審査を受けるのは不利だと考える人もいると思いますがすでに取引実績がある金融機関で滞納なく返済していれば逆にプラス評価となります。

更に住宅ローン利用者には優遇金利が適用される場合もあるので優良顧客という自信がある人は同じ金融機関で住宅ローン審査を受けることをおすすめします。

多重債務を1本化できるおまとめローンは返済日や残高の管理がしやすくなります。

メリットばかりが強調されるおまとめローンですがデメリットも多く存在するので利用する前に熟知しておく必要があります。

通常のカードローン審査と同じようにおまとめローンにも審査がありますが、多重債務者であることなどの要因で審査のハードルは高くなります。

収入が減ったので毎月の返済額を下げたいという人は長い目で見れば、支払総額が多くなるというデメリットがあることを忘れないで下さい。

毎月の返済額が下がると借金が減ったと勘違いする人もいるようで完済した業者から融資の勧誘電話がかかってくると、再び借り入れる誘惑に負けてしまうリスクもあります。

おまとめローンとはいくつもの金融業者から借り入れをしている人が既に借り入れているローンを一括返済するために新たに借り入れるためのローンです。

何件もの金融機関から借り入れをしていると返済日がバラバラで銀行の残高管理が大変です。

与信枠が低いと利息が高くて不利ですから何件ものローンを1本化した方が利息を抑えられるかもしれません。

しかし、おまとめローン利用者は多重債務者なので審査基準が厳しいなど、困難なことが多くなります。

おまとめローンという商品を提供している金融業者もありますので専門の商品なら多重債務者でも歓迎してくれると思います。

おまとめローンは複数社から借金していたものを1つにまとめるためのローンで複数社に返済することでバラバラだった返済日を1日にまとめることができますし、月々の返済額を低くすることができます。

月々の返済額が減ることで経済的な負担が軽減するというメリットがありますがおまとめローンを利用しても返済する元本は変わりませんので返済期間が延びる事になります。

返済期間が長引けば、長くなった分だけ金利が発生するということになりますので返済する総額はおまとめする前より増えることになります。

一方で、借入限度枠が大きい人ほど適用金利が低くなりますからおまとめローンで高い与信限度額が承認されることになれば、低金利で借り入れられる可能性もあるのです。

ですから、おまとめローンで金利がどのくらい抑えられるのかをシミュレーションして返済額を算出すれば返済総額を増やさなくても、毎月の楽な返済を実現できるのです。

おまとめローンの手続きを効率よく進めるために必要な書類や手続きの方法についてご紹介します。

必ず必要となる書類として本人確認書類というものがあり主に運転免許証やパスポートなど写真が入っている書類が必要になります。

借入状況を証明する書類の有無については、ローンを組む金融機関によって異なるのですが消費者金融だと総量規制の例外貸付を適用する事になりますので必要です。

収入証明書はおまとめをする金融機関によって異なりますが消費者金融業者で50万円以上、銀行の場合は100万円以上で必要になることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票等が該当します。

特殊な書類ですのでおまとめローンを検討している方は、早めに用意する手続きをとっておくことをおすすめします。

おまとめローンという商品は埼玉りそな銀行にはありませんがおまとめに使える「フリーローン【りそなプライベートローンJ】」があります。

限度額は300万円までですが、金利は6.5%から14.0%に設定されていて来店不要で契約できるのもおすすめポイントです。

銀行のキャッシングローンなので年収の1/3という制限はありませんし利用条件に最低年収は有りませんから、アルバイトでも申し込みが可能です。

申込条件には、日本に住んでいる人で安定継続した収入があり、満20歳以上から完済時年齢が満71歳未満という規定がありますが残念ながら、学生の申し込みはできません。

プライベートローンで足りないという人には「りそなプレミアムフリーローン」という商品もありますが最低年収が400万円以上とハードルが高くなっています。

おまとめローンを利用すれば利子を減らせるのがメリットの1つと言われていますが、これは、限度額の少ないカードローンを複数社より借入れしていることが原因です。

しかし、おまとめローンを組むことで本当に利息が減るのかどうかは申し込む前に金利の計算をして本当に得になるのかきちんと確認しておく必要があります。

おまとめローンを提供している金融機関では自社のホームページで返済シミュレーションを行えるコーナーを設置しています。

現在の借金額や金利を入力するだけでおまとめローンにした後の毎月の金利や返済額が即座に表示されるので簡単に比較できます。

参照:アコムおまとめローン審査は?借り入れの流れ【総量規制は?】

消費者金融よりも銀行のおまとめローンの方が銀行ごとの金利差が大きいので銀行のおまとめローンを検討している人は返済シミュレーションで正確な金利計算をすることが大切です。

おまとめローンを利用する機会は人生に1度あるかないかだと思いますので、利用を考えている大半の人が、知らないことだらけだと思います。

手続きの方法や必要な書類などは各金融機関のホームページに掲載されている「よくある質問コーナー」に回答があります。

借り入れの総額がどれくらいになったら、おまとめローンを検討したほうがよいかといった一般的な質問についてはインターネットで「おまとめローン よくある質問」と検索して情報サイトを探すのがいいでしょう。

情報サイトであれば消費者金融と銀行のおまとめローンの比較なども記載されていますしサービス内容の比較もあるので、初めて利用する方には非常に便利だと言えます。

審査に通るコツや落ちる人の傾向など、初めてローンを組む人には大変有益な情報も多いのでおまとめローンの利用を検討している人は、是非検索してみてください。

おまとめローンとは複数の借金を1つにまとめることで月毎の返済額や利息の負担を軽減させるというメリットがあります。

しかし、月々の利息を減らしたり返済金額を抑えることができても間違った返済方法を選択してしまうと、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンを組んだとしても元本は減りませんから毎月の返済額を下げた分だけ返済期間は長くなります。

返済期間が長くなればなるほど支払う利子も増えてしまいますので返済する総額は、おまとめローンを組む前より多くなってしまうことは避けられないのです。

又、消費者金融のおまとめローンは返済型になりますので、追加融資はできないのですが銀行のおまとめローンというのはフリーローンとなっていることが多いので追加融資が可能というメリットがある傍ら、借入額が増えるリスクも含んでいます。

複数の借入れがあってもおまとめローンを使えば1本化できるので毎月何回もあった引き落とし日が1日になるので残高管理が楽になります。

おまとめローンにも一般のカードローンと同じ審査がありますが通常のカードローンよりも最低金利が高く、限度額が低いことが多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利の違いは銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は3.0%から17.5%(アイフルおまとめMAX)となっています。

いずれの金融機関からおまとめローンの融資を受けるにしても毎月の返済金額を下げるという事は返済期間が長くなるということです。

返済期間が長くなるということは支払う利息も多くなるので最終的には返済総額は大きくなる結果となります。

おまとめローンの審査が何度も不合格な人は通らない原因をつきとめることが先決です。

通常のローン審査では年収や勤務先などの個人情報を採点したり情報センターに問い合わせをしますが各項目に問題が無ければ審査通過の可能性は大きいです。

年収が低い人でも借入れ総額との兼ね合いによっては問題がありませんが借入総額が年収の1/3をオーバーしている場合は審査落ちは確実です。

スコアリング審査は安定性や確実性の判断材料となり契約社員はアルバイトと同じレベルで評価される場合もあります。

金融業界では多重債務者は好まれませんので過去に返済の遅延が常習の人は審査落ちする確率は高いです。