住宅ローンアドバイザーは信頼できる?

一度、住宅ローンアドバイザーの資格を得たとしたならば、永久にその資格を得ることが出来たと言うわけではありません。
原則としては、住宅ローンアドバイザーと登録証である証明書を得た月から、3年以内に継続講習を受講する必要があります。
万が一、この3年以内の継続講習を受講しないとするならば、自動的に住宅ローンアドバイザーの資格は無効となるので、気をつける必要があります。
この、3年以内の受講によって、3年の間に変化する住宅事情についての知識や、住宅機関の知識を新たにすることが出来るようになっています。
消費者の方の信頼を得るためにも、新しい知識が必要になっていますから、3年に一度の資格更新はただ単に書面上の資格更新ではないことがはっきりと分かります。
住宅ローンの借り換えの審査に通りやすい銀行は?