住宅ローンアドバイザーの選び方は?

住宅ローンアドバイザーの資格を得るための試験は、現在2つの団体で行われています。
1つは、財団法人金融普及協会で行われている試験になっていて、基礎コースと応用コースの2つにわかれています。
それぞれの養成講座受講の後に、ペーパーテストによる試験があります。
このペーパーテストによって、合格点を取ることによって、住宅ローンアドバイザーの資格を得ることが出来るのです。
もう1つの機関としては、金融検定協会主催の住宅ローンアドバイザーの資格を得ることがあります。
この団体が主催している試験は、半年に1度の試験があり、その試験に合格する必要があります。
この団体が行う試験では、事前に通信講座を受けるならば、手軽に、そして早い時間で資格を得ることが出来るようになっています。
消費者金融借り入れで審査に落ちた?住宅ローン審査!【絶対にNG?】