生命保険ドットコムの評判は?商品券をもらえるキャンペーンがやってるって本当?

新しく趣味や初めて体験することがある場合、みなさんどうしていますか?多くの人は最初にネットで調べることから始めると思います。

保険の見直しについて調べていたところ保険相談無料ドットコムというサイトを見つけました。

街中に店舗を構えているわけではないので相談者の都合のいい時間に職場近くのカフェなど好きな場所で面談をしてくれるようです。

将来の希望などいろいろなことを聞くので落ち着いて話ができる多くの人は自宅で相談しているようです。

また、サービス側も強引な勧誘をしないのはもちろん、保障内容をわかりやすく噛み砕いて説明してくれるようなので安心ですね。

将来のことを考えて保険を契約しようか考えている方、保険の加入を考えているなら相談サービスを選びましょう。

近所の駅前にあって行きやすいからという選択もいいのですが中には、黒毛和牛肉やお米のプレゼントを行っているサービスもあるんです。

流れとしては、HPの予約フォームから相談日を決めて、保険無料相談をした後にアンケートへ回答するなど条件を満たすともらえるそうです。

でも、無料で商品プレゼントを行っているサービスって強制的・強引な勧誘をしていそうという気持ちもわかります。

FP紹介サービスの多くでは、相談者から多く苦情の来ているFPは登録解除を行うサービスもあるほど対策を考えています。

相談者を募集するキャンペーンで相談者特典として商品プレゼントをする保険無料相談サービスをネット上で見かけます。

大半の方が、とりあえず保険相談の申し込みを行えば商品プレゼントされると思っていますがそれは間違いです。

基本的には数回の面談後、アンケート回答などを商品プレゼントの条件に各サービスがしています。

そもそも、申し込んだからといって必ずしも面談の予定が確定できるわけではありません。

特に、中小の相談サービスに申し込んだ場合は、FPの登録者数が少ないため面談の予定がなかなか決まらないことがあります。

保険の無料相談を請け負っている会社の中でも、店舗数も多く、テレビでCMを流したりもしていて多くの人に知られているのが「ほけんの窓口」ではないでしょうか。

来店型の中でも世間の認知度が高い会社なので、口コミや体験談を探すのに苦労しないところもありがたいです。

初めてのFPさんとの面談では知識を深めるところから行い、こちらからの質問にも手を抜かず答えてくれるそうで実際の体験者の満足度は高いようです。

また取扱っている商品の数も多いので、いろいろなプランを比較検討しやすいでしょう。

皆さんは自分の加入している保険の内容ってしっかり把握していますか?少しでもわからない保障があれば確認しておいた方がいいです。

その際、おすすめするのが保険無料相談サービスです。

例を挙げると、病院で手術をした時に現在の保障ではいくら受け取れるかや火事にあってしまってしまったときの保障などは、日常的に使わないので保障内容を忘れていることもあります。

そこで、相談サービスにFPを紹介してもらい現在の保障内容を詳しく確認しましょう。

相談した結果、ほとんど同じ保障内容なのに月額が低くなる場合もありますよ。

保険の無料相談なら生命保険ドットコムがおすすめです。

今の保険を選んだ際の決め手はなんですか?ランキングサイトなどインターネット上の情報を参考にした人、職場に来た営業の人の説明などいろいろな参考材料があると思います。

そうやって契約をした結果、月々の料金がキツい、実は保障内容がわかっていないという人も多いのではないでしょうか。

保険無料相談サービスを利用して内容の確認をしましょう。

加入当時と現在で生活状況やライフプランは変わってくるものです。

気軽な気持ちで相談してみたら、保障内容はほぼ同じなのに月額が低くなった、今の家族構成により合った内容に提案してもらえたという話も多いです。

マイルやポイントサイトで交換できるポイントが保険無料相談での利用で付与されるキャンペーンがあります。

高額ポイントがもらえるサービスってあまり名前を知られていないものばかりで本当にポイントがもらえるか信頼しにくいですよね。

多くの場合、何回か面談を実施し、アンケートに答えると付与というパターンが多いです。

そのため、初回の面談等で契約の見込みがないと見られたらその後の面談をなかなかしてくれないなどポイント付与の条件未達の状態で放置される可能性があります。

そのため、ポイント目的の申し込みはやめましょう。

営業の人に言われるがままに保険に加入してしまって実は、内容をしっかりと理解できていない方も多いと思います。

保険無料相談サービスを利用してはいかがでしょうか。

知識がなくても保険の専門家が今はどんな保険に入っているか、現在思い描いているライフプランに合わない保険だった場合、希望に合った保険の紹介など相談に乗ってくれます。

また、その結果、必要のなかったオプションを外したり必要な保障が手厚い別の保険に切り替えることでより充実した保障になります。

また、無料相談サービスの中にはサービスを利用するとお米や黒毛和牛肉がもらえるキャンペーンを行っていたりします。

保険のプロに無料で話を聞けるチャンスがあるなら、その時間をできる限り有効活用したいものです。

どんな点に注意して見直しをするのかというと、現状の保証と月々の支払額で問題はないのかどうか?加えてそれらが自分のライフスタイルに沿ったものかどうか?です。

面談までの準備として人生設計について多少考えておき、健康診断の結果などあれば用意しておきましょう。

するとより具体的で生活に合ったプランをたててもらいやすくなります。

また最終的にどこでお願いするかというのはとても重要なので、それについてもしっかり選びましょう。

毎月の支出額はそれほどでなくても、総合的に大きな額になる保険。

それだけに保障内容や月額などの見直しはとても重要です。

予想できるトラブルを前もって下調べするなどして、落ち着いて対処できるようにしておきましょう。

やはり最も不安の大きいところとして勧誘が挙げられるでしょう。

不安をあおって急かしたり、必要かもわからないメリットを強調されたりして理解が不十分なまま契約にもっていこうとするというやり方です。

希望や要望はきちんと伝えておき何なら少し考える時間をとりましょう。

普通はこういったいざこざに対処するサービスが用意されているので、利用しましょう。

人生においても重要なポイントですからはっきりとした態度を示しましょう。

時折インターネット上で見かける、「保険無料相談で牛肉プレゼント」というサービスですがという販促方法ですがなぜプレゼントキャンペーンを始めたのでしょうか。

昔はFPにお金を払って相談するのが主流でした。

しかし、時代の流れとともに有料で保険相談をしてもらう時代が終わり無料で相談ができるようになりました。

保険は家の次に高い買い物と言われ、保険会社としては自社の製品を是非とも契約して欲しいと考えています。

そこで無料相談サービスが増えたことで獲得しにくくなった金融庁から相談者特典で商品券を渡してはいけないという指針を策定しました。

保険見直しを行ってもらいたいという考えから始まりました。

テレビでよく見る保険無料相談のCMですが、実際の利用方法がよくわからないこともあります。

なので、ここでは無料相談サービスの利用方法について書きます。

基本的な流れとしてはネット上の申し込みフォーム等で相談日の予約をし、自宅などの希望の場所若しくは店舗で相談という流れになります。

FPとの面談では最初に、将来の希望や保険に関する疑問、加入中の保険の保障内容の確認をしますその後、聞き取りをした人生設計などから何種類もある保険の中から最適な保険を提案します。

再度、相談者のライフプラン・将来の希望と照らし合わせて保障内容のどういったところが合っているかを一緒に確認します。

保険会社の行う勧誘や販売は「保険業法」でいろいろな規制があります。

「保険会社向けの総合的な監督指針」を保険業法第300条に対して策定しています。

そのため相談者特典として行われていた換金性の高いギフト券やクオカードなどのプレゼントができなくなりました。

では、お米や牛肉など換金性の低いものをプレゼントしている場合はどうなのでしょうか。

実は、前述の「監督指針」には商品プレゼントについては具体例が記載されておらず、慶弔関係や新年の挨拶などで行われるカレンダーの配布などは保険業法の禁止事項には当てはまらないとしています。

そのため、換金性の低い商品をプレゼントするのは「完全にクロ」とも「完全にシロ」とも断定できない状態にあると言えそうです。

世間に多々ある保険無料相談会社ですが、それらをそれぞれの観点から情報を集めているサイトが多々あります。

その中で特に見るべき点としては、実際に面談を受けられるまでの手続きの手軽さ、どれだけの商品について提案できるか、そして最も見るべきはFPさんの評価の良し悪しです。

長い人生でもトップクラスの支出となるものについてのことなので、数社で面談をした結果をじっくり比べて検討しながら、長く付き合っていけるような人と今後のライフスタイルについて話し合っていきましょう。

プロに自宅へ来てもらって保険の話をするとき心配なこととして、提案が不十分だと感じたらうまく断れるのか?ということはあるでしょう。

良心的な会社であれば強い勧誘の禁止令があったり、担当者と合わなければ違う人にかえてもらえたりといったサポートが用意されているところがほとんどです。

また、初めての面談で即契約という流れにはほぼならないとのことなので、まずはきちんとした相談をしたいので勧誘はいらない旨をこちらから明示しておくというのもひとつのテです。

その提案に自信があるFPさんならその辺りのスピード感も理解しているでしょうから、受け入れてくれるでしょう。

参考:生命保険ドットコムの評判はどう?見直し相談を体験しました

思い切って保険無料相談をA社のFPにしてみたら保険の乗り換えを提案された。

保険は人生で2番目に高い買い物と言われています。

そのFPが信頼できると思えたならそのまま乗り換えるのも良いのですが、できればA社の提案内容を受けた後に別のB社のFPにも相談をして提案される内容を比べる、信頼できる担当者探しをするのをおすすめします。

その際に気をつけて欲しいのがA社の提案内容をB社に見せる場合、価格競争を始めてしまう、A社にない提案ばかりしてくる可能性があります。

B社に見せた時に「A社の内容でOKです」と言うくらいの担当者だったらほぼ間違いなく信頼できます。

ぜひ、その人に頼みましょう。

また、B社に見せない場合は、単純に新しく出された提案内容との比較になります。

最近CMなどいろいろなメディアで目にする保険無料相談サービスですが、本当に宣伝通りに無料なの?と思ってしまう人もいると思います。

なぜ無料で営業できているのかをご説明いたします。

結論から言いますと、各保険会社からの契約手数料を収益として成り立っているからです。

つまり、相談サービスを行なっている会社としては、勧めた保険に乗り換えてもらうことで収益が入ることになります。

そのため、特に評判を気にしている業界となり「相談に行ったら必ず保険に加入しないとダメそう」といった心配事は風評を気にする業界なのでまず起きないと思って良さそうです。

保険無料相談サービスを利用しようと思い申し込みをしたけれどなかなか面談予約の折り合いがつかないという人がいるそうです中小のFP紹介サービスの場合、登録してるFPの数が大手サービスの登録者数と比べて圧倒的に少ないためです。

そもそも無料で相談をして営業できているのは相談者がFPの提案した保険に契約をしてくれるからです。

そのため、契約の見込みの少ない案件は後回しにされてしまうという仕組みになっています。

急いで相談をしたい場合は、FPの登録者数の多い大手のサービス会社に申し込むか、街中の保険ショップの利用をお考えください。

今の保険を選んだ際の決め手はなんですか?ランキングサイトなどインターネット上の情報を参考にした人、職場に来た営業の人の説明などいろいろな参考材料があると思います。

そうやって決めた結果、思っていたよりも月々の料金が負担になっている、実は保障内容がわかっていないという人も多いのではないでしょうか。

保険無料相談サービスを利用して内容の確認をしましょう。

契約した時と現在では収入や将来への希望などは変わってくるものです。

決心をして相談してみた結果、保障内容がほぼ同じでも月額が今よりも低く抑えられた、今の生活状況により合った内容を提案してもらえたという話も多いです。

タダでプロと一緒に保険の見直しができるのに、さらに商品券やギフト券までもらえたら嬉しいですよね。

手に入れるには何をすれば良いかというと、実際に面談をすれば良いだけだったり、さらにアンケートが必要だったりするところがあります。

金額は2000円から7000円と幅広いですがもし数社と面談するなら合計で一万円以上もらえる可能性もあります。

ただ真の目的はプロの意見を聞くことなので、あくまでおまけとして頭の片隅に置く程度にして本来の目的をしっかり果たせるようにしましょう。

営業の人に提案されるがままに保険を契約してしまって実は、内容をちゃんと理解できていない方も多いと思います。

保険無料相談サービスを活用してはいかがでしょうか。

知識がなくても専門家が今はどんな保険、保障を契約しているか、相談者のライフプランに合う保険ではなかった場合、こっちの保険の方があっているなど相談に乗ってくれます。

また、その結果、必要のなかったオプションを外したり別の保険に切り替えることで保険料が減る方も多いようです。

また、保険無料相談サービスの中にはサービスを利用するとお米や黒毛和牛肉をプレゼントするキャンペーンを行っていたりします。

保険無料相談会社の選び方のひとつとして、クチコミが挙げられるでしょう。

それぞれの会社でどんなFPさんと会えてどんな提案をされたのか、一度詳細に調べてみると良いでしょう。

保険の無料相談なら生命保険ドットコムがおすすめです。

良いFPさんならある一社の商品ばかりを勧めることはほぼありません。

こちらにどんな希望があるかも汲んでくれるので、生活レベルに合った提案をしてくれるのはもちろんですが、時には突拍子もないように思える提案に納得させられることもあるそうな。

良いFPさんとの出会いが会社選びを決めるでしょうから、複数の会社での面談を経験することで、ここだ!というところを決められると良いですね。

少し前のことですが、買い物に行った際に買ったものへのサポートを経験やトラブルを聞いたことはありますか。

中には、生命保険の勧誘時に説明が足りない状態で不適当な保険に加入させられたという人もいるそうです。

他には、病気の治療で入院して保険金を請求したら告知義務違反で保険料がもらえなかったという人もいるそうです。

そんな時に一般の方はどうしたらいいのかわからないですよね。

保険は人生の中で家の次に高価な買い物と言われるくらいで生命保険トラブルを専門にしている弁護士もいます。

こういったトラブルが発生した時には弁護士に相談してみるのも一つの手です。

相談者を募集するキャンペーンで相談者特典として商品プレゼントをする保険無料相談サービスをネット上を中心に見かけます。

大半の方が、とりあえず保険相談の申し込みを行えば商品がもらえると思っていますがそれは間違いです。

一般的には数回の面談後、アンケート回答などを各サービス会社では商品受領の条件にしています。

そもそも、申し込んだからといって必ずしも面談の予定が決まるわけではありません。

特に、中小規模の相談サービスでは、FPの登録者数が少ないため面談の予定がなかなか決まらないことがあります。

保険無料相談の広告を見ていると疑問に思うことがあります。

それは「有料」の保険相談もあるの?ということです。

結論から言うとあります。

むしろ元々は有料なのが基本だったそうです。

では有料と無料でどこに違いがあるのか、メリット・デメリットはどうなるのでしょう。

無料相談の場合、FPは保険について確認・相談するだけではお金はもらえず、提案した生命保険に契約してもらわないと保険会社から手数料が発生しお金をもらっています。

なので、FPにとって手数料の高い保険(FPにとって都合のいい保険)を案内してくる人が中にはいます。

逆に、有料相談では、無料相談と比べ、相談者目線で話を聞いてくれる可能性が高いそうです。

保険の無料相談なら生命保険ドットコムがおすすめです。

自宅で保険のプロと面談をしたときの心配な面に、提案が不十分だと感じたらうまく断れるのか?ということはあるでしょう。

普通の会社なら強引なセールスは厳禁ですし、担当FPさんとの相性が良くない場合は変更するといったようなサポートを用意してくれています。

初めての面談では提案のために話を聞くだけというところも多いそうなので、まずはきちんとした相談をしたいので勧誘はいらない旨をはっきり伝えてくぎを刺しておくのも良いかもしれません。

経験を積んだ実力のあるFPさんならむしろ他の提案と比較してもらった方が良いので、大丈夫でしょう。

数多く存在する保険相談会社の中でどこにしようか迷ってしまうこともあるでしょう。

選ぶならこういうところが良いのでは?といういくつかの大切なポイントを示してみようと思います。

最重要なのは、FPさんの質が高いというところでしょう。

それから現実に万が一トラブルになった場合に会社でサポートをしてくれるようなところを選ぶようにしましょう。

加えて多くの商品を取り扱っているところはFPさんが提案できるプランも幅広くなることと思います。

アフターフォローの詳細も忘れずに確認しましょう。

保険無料相談を行っている会社について、比較検討してくれている情報サイトというものが存在します。

良く比べられているポイントは、面談の予約等が煩雑ではないかどうかや、取り扱っている商品数の多さ、そして最も見るべきはFPさんの評価の良し悪しです。

人生で2番目に高い買い物と言われているものですので、納得いくまで人や会社を変えて面談してみるなどして、信頼のおける素敵なFPさんとこれからのことを決めていくのが良いと思います。

ネットでCMを見て保険無料相談を頼んだけれど、あまりこちらの要望を聞いてくれないいという話を聞きます。

では、有料の保険相談を検討してみてはどうでしょう。

有料相談の値段は大体5000から20000円くらいとなっています。

有料のメリットとしては、料金をもらっているので保険相談がメインとなり無理に契約を狙うものではない。

実績のあるFP、優秀なFPが担当してくれることが多い。

そのため、無料相談よりもお客様目線でアドバイスをしてくれることが多いです。

また、有料相談を行なっているサービスでは、独自の認定基準を設定しています。

「相談に問題があった場合は、相談料を返す」という点も独自基準への自信の表れでしょうか。

もしどうしても無料で済ませたいと言う場合は、何度も無料相談を行なってください。

保険料を削減したい!でも、相談に行く時間がないからお困りの方はメールで解決できるかもしれないです。

保険無料相談サービスの中には、相談のやりとりをメールで完結できるということが特徴のサービスもあります。

なので、受付時間は24時間365日と制限がなく、返信内容の確認も通勤中の電車の中などのちょっとした時間に確認ができます。

もし、書いてある内容がわからない、こちらが伝えたいことが十分に伝わっていないと感じたときには、電話で直接連絡することもできます。

相談の必要がなくなったときもメールで断れるので楽な気持ちで相談できそうです。